ビジネス数字って「人間学」なんです

こんにちは。田口です。

-------------------------------
LINE@にも是非登録お願いします。

LINE@では、
・マンツーマンでのやりとり(他の方に投稿は公開されません)
・気楽にお得なTipsを限定配信しています。
https://line.me/R/ti/p/%40zne4067x

携帯からは
@kef1067d
で検索してください。
-------------------------------

今日は「数字とどう向き合うか」について

書きたいと思います。

 

突然ですが、

 

市場シェアや、売上、利益、満足度等々の

「ビジネス数字」

分子の質量、アボガドロ定数、光の速さ等々の

「自然科学で扱う数字」

 

この2つの

最も大きな違いはなんでしょうか?

 

それはビジネス数字が

人間の心理や行動を反映した数字

である点です。

 

数字って、無味乾燥なものに

見える方が多いかもしれませんが、

数字の背景にある人間の意志や

行動に思いを馳せながら

 

・なぜこのような数字になったのか?

・なぜ予測と異なっていたのか?

・このアクションで数字はどう変化するか?

 

と、仮説を立てて検証する姿勢が大事です。

 

数字の裏側にある顧客の息づかいや、

競合の思惑など、人間だからこそ読み取れる

感情のひだを解釈するところに、

ビジネス定量分析の醍醐味がありますね。

未分類の関連記事
  • 5月20日は僕にとって23年間、特別な1日なのです。
  • どこからどこへ?付加価値の差を生み出す最善策は?
  • ビジネス数字って「人間学」なんです
  • 感謝を忘れるな 〜「ありがとう」の習慣〜
おすすめの記事
人間の感覚を知り、合わせる
Business
いよいよ、 伝える技術 について、前回から触れています。 この資料、人間の感覚に逆らっていると、前回書きましたが、 どのあたりが逆らっている...
とにかくMECEを癖づけよう!
Business
昨日の記事では、ロジカルシンキングについて少し触れていきました。 では今日は ロジカルシンキングの大原則 というか 基本中の基本で 日頃から...