100をいって1伝わる

こんにちは。田口です。

-------------------------------
LINE@にも是非登録お願いします。

LINE@では、
・マンツーマンでのやりとり(他の方に投稿は公開されません)
・気楽にお得なTipsを限定配信しています。
https://line.me/R/ti/p/%40zne4067x

携帯からは
@kef1067d
で検索してください。
-------------------------------

「これ、この前メールで書いたよね?読んでないの?」

「これ、前言ったよね?」

 

こんな発言をしたこと、

されたことありませんか?

 

人間の脳は都合よくできていて、

一度言われたり、メールで書かれたりしただけでは

基本的にほとんど忘れてしまいます。

 

エビングハウスの忘却曲線というのがあります。

人が何かを学んだ時、

  • 20分後には42%忘れる
  • 1時間後には56%忘れる
  • 9時間後には64%忘れる
  • 1日後には67%忘れる
  • 2日後には72%忘れる
  • 6日後には75%忘れる
  • 31日後には79%忘れる

 

1時間で半分以上のことは抜けてしまうんですね。

 

ですので、

「前言ったよね?」

で終わらせず、

 

「100を言って1が伝わる」くらいの気持ちで

コミュニケーションを取る事がポイントです。

 

100は言い過ぎかもしれませんが、、

せめて「10言って1伝わる」位で考えた方がいいです。

 

また、伝えるだけでなく、理解してもらう事もポイント。

 

人間とは説明を求める動物であり、

納得しない仕事は手を抜いてしまう動物です。

 

重要な事であればあるほど、

相手の視点に立って、

理解度やモチベーションを理解した上で

目的をしっかり説明して納得してもらう必要があります。

 

人に動いてもらうということを、

改めて真剣に考えてみましょう。

 

Businessの関連記事
  • 完全無料で始められる物販ビジネス「SHOPEE」特別無料講義のご案内
  • リアルに資金ゼロからスタートできる、これから狙い目の越境ECプラットフォーム「SHOPEE」
  • 何かを変えたい・チャレンジしたいあなたへ(明日12時)
  • 順序を勘違いしないこと。甘い世界なんてない。
  • まずは月収10万円を副業で稼ぐための最高の「環境」
  • 環境 => 仕組み => ノウハウ
おすすめの記事
メッセージを書くポイント
Basic skill
資料作成力の中でのメッセージ作成のポイントを書いてきました。 メッセージは ・説明 ・ファクト ・示唆 の3種類に別れると書きました。 これ...
稼げない人の勘違い
Mind Set
毎日書いていたブログを今週は少しサボってしまいました。 反省。。 今週はインプットに時間をかけていたために、 気づいたら1日が終わるような、...