タイプ別 話法の変化!

こんにちは。田口です。

-------------------------------
LINE@にも是非登録お願いします。

LINE@では、
・マンツーマンでのやりとり(他の方に投稿は公開されません)
・気楽にお得なTipsを限定配信しています。
https://line.me/R/ti/p/%40zne4067x

携帯からは
@kef1067d
で検索してください。
-------------------------------

昨日は、タイプ分けアプローチについて、

タイプの特徴について書きました。

 

改めて、あなた、またはあなたがコミュニケーションをとりたい方は

どのタイプにあるでしょうか?

 

では、これらの各タイプの方々にどうアプローチしていくべきか、

私なりに考えているアプローチ手法を簡潔にお伝えします。

 

・コントローラータイプ
とにかく、結論を先に伝えるようにする
・プロモータータイプ
とにかく、「なんか凄そう」と思わせる(中身がなくても良い)
・アナライザータイプ
いきなり結論に入らず、過程(道筋)を順序立って伝える
・サポータータイプ
話の論点よりも「あの人が使っている」とか周辺の利用者の声を伝える

 

 

・・・はい、本当に簡潔に書いていますが、

例えば「ある商品を売る」という営業が会った時にも、

 

「〜を買って下さい!!」

ではなくて、4つの話法が生まれるわけです。

 

相手のタイプを予測しながら、話法を変えていく。

こんなアプローチができれば、ビジネスの現場では

より円滑なコミュニケーションが取れるようになります。

 

ちなみに、このタイプ分け診断は色々なところで

診断テストがネット上にもあります。

 

私は、コーチエィさんのアプリが、正確な診断が出やすく、オススメしています。

(アフィリとかではありません・・・)

ios版

Android版

有料アプリですが、興味のある方は是非診断してみましょう。

 

ちなみに、今日のトップ画像は私の5年前の診断結果、、、です。

Basic skill, Businessの関連記事
  • 副業を考える人の方向性の違い
  • オンラインの世界へ急加速する今、必要なスキルとは??
  • 出会いと別れと再会の季節
  • 経営者とサラリーマンの違い 10箇条
  • ちょっとでいいから、先の事を考えましょ
  • さあ3月です!!!!棚卸しに最適な1ヶ月にしましょう!
おすすめの記事
帰国
My Life
妻が無事にNYから帰ってきました。 空港まで迎えに行ったのですが、2歳の娘も ママがアメリカから帰ってくる ということをよく認識していて、久...
年男の決意_2020年を迎えて
Business
田口です。 あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 ------------------------------- ...
クリスタライズしたメッセージ
Business
先日、プレゼンテーションに必要な資料作成力の中で、 メッセージの作り方について話をしていました。 ・説明 ・ファクト ・示唆 をどう使い分け...