ホールパート法で思考も整理される

こんにちは。田口です。

-------------------------------
LINE@にも是非登録お願いします。

LINE@では、
・マンツーマンでのやりとり(他の方に投稿は公開されません)
・気楽にお得なTipsを限定配信しています。
https://line.me/R/ti/p/%40zne4067x

携帯からは
@kef1067d
で検索してください。
-------------------------------

昨日、緊急企画を発動しています。

こちらの企画では、田口が
ーーーーーーーーー
年収1,300万円の
いわゆる勝ち組サラリーマンを捨てて
自由になった理由とその具体的な行動
ーーーーーーーーー

を順を追って包み隠さずお伝えします。

昨日から物事を伝える方法について説明しています。

  • 伝えるべき内容
  • 伝える技術
  • 伝える手段

を考えていく中で、

伝えるべき内容を整理する方法があります。

それは、

 

前回は展開方法について、PREP法について紹介をしましたが、

つづけて、もう1つ覚えておくと良い展開方法をお伝えします。

それは、

ホールパート法

という手法です。

ホール(whole)=全体とパート(part)=部分をうまく切り分けるこの手法は、

話し手である自分と、受け手にとっても頭の整理になります。

 

WHOLE(導入-全体)

「本日、お話ししたいことが三つあります。
まず、一つ目は、・・・・・・。二つ目は・・・・・・。三つ目は・・・・・・。

PART(詳細-部分

「一つ目の問題からご説明します。(詳しく述べる)
次に二つ目の事ですが・・・。(詳しく述べる)
そして三つ目について申し上げます。(詳しく述べる)」

WHOLE(結論-全体

「以上、一つ目はこういうこと、二つ目はこういうこと、
三つ目はこういうこと、三つの事を申し上げました。」

 

このように、最初に全体像を提示した上で、中身についての詳細説明、最後に要約して結論を

再提示することで、相手の頭を整理させながら効果的に伝えることができます。

 

日頃の会話や、質問でも、あらかじめ何を伝えたいのか、その数と要約を伝える様にすると、

かなりスマートな伝え方ができますし、相手も整理しながら聞いてくれることでしょうk。

 

他にも展開の「型」はあるのですが、PREPとホールパート法の両方を抑えておけば十分だと思っています。

 

復習になりますが、伝えるべき内容を構造化し、整理し、展開する。

 

これで、伝える内容は準備でき、伝える技術に繋がるわけです。

 

伝える技術についてはまた今後投稿をしていきますね!

 

  • オンラインの世界へ急加速する今、必要なスキルとは??
  • 出会いと別れと再会の季節
  • 経営者とサラリーマンの違い 10箇条
  • ちょっとでいいから、先の事を考えましょ
  • さあ3月です!!!!棚卸しに最適な1ヶ月にしましょう!
  • 1年間体を張ったら、究極の勝ち方が出来た模様
おすすめの記事
改めて、、2018年度後半
Business
2018年度も折り返し、、、 と、思ったらあっという間に4日が 経ちました。 個人的には今月と来月が色々と勝負をかけてみる 2ヶ月にしようと...
今までの常識が通用しない
Mind Set
台風12号の猛威が日本を襲ってます。 東京は無事に通過しましたが、 驚くべきはその進路ですね。 東から西に進む台風が出てくるなんて、 考えも...
なぜ起業できないの?
Business
今日はビジネスを始めること、について つまり 起業することについて書こうと思います。 最近 「起業できる人って、生まれつき才能があって、 私...