競争って最悪だと思う

こんにちは。田口です。

-------------------------------
LINE@にも是非登録お願いします。

LINE@では、
・マンツーマンでのやりとり(他の方に投稿は公開されません)
・気楽にお得なTipsを限定配信しています。
https://line.me/R/ti/p/%40zne4067x

携帯からは
@kef1067d
で検索してください。
-------------------------------

 

私が前職で働いていた時、

その業界に対して、

 

「競争原理が働かないと、市場は成長しません。

比較して、競争してなんぼなんです!」

 

的な発言を良くしていました。

 

俗に

ビジネスは戦争だ!

とか

競争戦略で市場に勝つ!

みたいに

 

「競争すること」は必要なんだと

ビジネス書にも書かれている事が多いです。

 

 

でも、

限りある経営資源を無駄遣いしないためにも、

 

競争をしないで勝つ

 

という事をまず考える事が一番重要だと

最近痛切に感じています。

 

というのも、正面衝突は往往にして消耗戦になります。

勝てるかもしれませんが、

体力勝負です。

 

とにかく、疲弊します。

 

そうそう、

 

改めて、「戦略」という言葉を分解すると

 

戦(いくさ)を「略」するとなりますよね。

 

孫子の時代に生まれたこの言葉、

よくよく見てみると、

いかに

真っ向勝負を避けるか

という事が考えられて出来た言葉なんですね。

 

例えで良く出てくるのは、

大手家電量販店の価格競争合戦ですね。

 

提供する製品に差がないから、

過当競争に陥りやすい。

某○○電機の行きすぎた価格競争とか、ありましたね。

 

ではこういった業界で、どのように

真っ向勝負を避けていけば良いのでしょうか?

 

是非是非考えて見てくださいね。

 

いずれにせよ

「勝てる戦を戦う」

「戦わずして勝つには?」

という根本マインドを改めて持ちましょう。

Business, Mind Setの関連記事
  • まずは月収10万円を副業で稼ぐための最高の「環境」
  • 環境 => 仕組み => ノウハウ
  • 目標設定しても達成できない方が「必ず」達成できる方法(限定5枠)
  • セルフブランディングができると、「個」で生きている人材へと育つ
  • セルフブランディングセッション募集(人数限定開催)
  • 成功を妨げる5つの壁
おすすめの記事
病は気から
News
田口です。 ------------------------------- LINE@にも是非登録お願いします。 LINE@では、 ・マンツ...