PREP法による「展開」術

こんにちは。田口です。

-------------------------------
LINE@にも是非登録お願いします。

LINE@では、
・マンツーマンでのやりとり(他の方に投稿は公開されません)
・気楽にお得なTipsを限定配信しています。
https://line.me/R/ti/p/%40zne4067x

携帯からは
@kef1067d
で検索してください。
-------------------------------

昨日、緊急企画を発動しています。

こちらの企画では、田口が
ーーーーーーーーー
年収1,300万円の
いわゆる勝ち組サラリーマンを捨てて
自由になった理由とその具体的な行動
ーーーーーーーーー

を順を追って包み隠さずお伝えします。

昨日から物事を伝える方法について書き始めています。

  • 伝えるべき内容
  • 伝える技術
  • 伝える手段

を考えていく中で、

伝えるべき内容を整理する方法があります。

それは、

 

今日は「展開」について、考えていきます。

ここ2回の投稿で、伝えるべき内容を構造化して、階層化する術をお伝えしました。

 

では、いよいよそれをどのように、どんな順番で伝えていくべきか、展開方法をお伝えします。

展開していく際に考えていただきたいのは、以下の3点です。

①相手のメリットを軸に話を展開する

②目的に応じて「結論」の位置を変える

③展開の「型」を使う

①はケースバイケースです。相手がどのようなタイプなのかによってメリットはなんなのか考える必要があります。

ポイントは②と③の原則を押さえておくことです。

 

ここでは、展開の「型」について是非覚えておくべき典型のものを1つ紹介します。

その名も

PREP

というものです。

PREPは

Point(結論)
Reason(理由)
Example(具体例)
Point(結論)

の略で、

結論を先に提示した上で、「なぜなら・・・」と続けてそれを論証する展開方法です。

相手を論理的に説得する場合に適した展開パターンとなります。

Point  「~に関しての結論は~です。」
Reason   「なぜならば、~だからです。」
Example   「と申しますと、具体的には~です。」
Point   「よって~の結論となりました。」

 

とにかく 最初に結論をいうのがポイントですが、この展開に乗っ取ってプレゼンテーションをすれば、

かなり論理的な受け方をすること間違いなしです。

是非 PREP法を意識した伝え方をしていきましょう。

  • オンラインの世界へ急加速する今、必要なスキルとは??
  • 出会いと別れと再会の季節
  • 経営者とサラリーマンの違い 10箇条
  • ちょっとでいいから、先の事を考えましょ
  • さあ3月です!!!!棚卸しに最適な1ヶ月にしましょう!
  • 1年間体を張ったら、究極の勝ち方が出来た模様
おすすめの記事
メッセージは何を書くべきか?
Business
昨日の投稿に引き続き、 資料作成力の一環として、メッセージの書き方について掘り下げていきます。 資料に書くメッセージって、なんとなく選んでい...
よく寝ましょう。
Business
田口です。 ------------------------------- LINE@にも是非登録お願いします。 LINE@では、 ・マンツ...
改めて、、2018年度後半
Business
2018年度も折り返し、、、 と、思ったらあっという間に4日が 経ちました。 個人的には今月と来月が色々と勝負をかけてみる 2ヶ月にしようと...
起業する人と雇用される人の頭の中
Business
結構反響があったので、もう少し深掘りしておきます。 人間は生来、起業家のスピリットがあったのです。 でも、資本主義の台頭で「従業員」という働...
妻なしキャンプ
Yuito
この土日は 相も変わらず、キャンプに行って来ました。 ただし、今回は妻が急遽仕事で不参加という事態に。 流石に2歳の娘と犬を連れて3人でキャ...