PREP法による「展開」術

こんにちは。田口です。

-------------------------------
LINE@にも是非登録お願いします。

LINE@では、
・マンツーマンでのやりとり(他の方に投稿は公開されません)
・気楽にお得なTipsを限定配信しています。
https://line.me/R/ti/p/%40zne4067x

携帯からは
@kef1067d
で検索してください。
-------------------------------

昨日、緊急企画を発動しています。

こちらの企画では、田口が
ーーーーーーーーー
年収1,300万円の
いわゆる勝ち組サラリーマンを捨てて
自由になった理由とその具体的な行動
ーーーーーーーーー

を順を追って包み隠さずお伝えします。

昨日から物事を伝える方法について書き始めています。

  • 伝えるべき内容
  • 伝える技術
  • 伝える手段

を考えていく中で、

伝えるべき内容を整理する方法があります。

それは、

 

今日は「展開」について、考えていきます。

ここ2回の投稿で、伝えるべき内容を構造化して、階層化する術をお伝えしました。

 

では、いよいよそれをどのように、どんな順番で伝えていくべきか、展開方法をお伝えします。

展開していく際に考えていただきたいのは、以下の3点です。

①相手のメリットを軸に話を展開する

②目的に応じて「結論」の位置を変える

③展開の「型」を使う

①はケースバイケースです。相手がどのようなタイプなのかによってメリットはなんなのか考える必要があります。

ポイントは②と③の原則を押さえておくことです。

 

ここでは、展開の「型」について是非覚えておくべき典型のものを1つ紹介します。

その名も

PREP

というものです。

PREPは

Point(結論)
Reason(理由)
Example(具体例)
Point(結論)

の略で、

結論を先に提示した上で、「なぜなら・・・」と続けてそれを論証する展開方法です。

相手を論理的に説得する場合に適した展開パターンとなります。

Point  「~に関しての結論は~です。」
Reason   「なぜならば、~だからです。」
Example   「と申しますと、具体的には~です。」
Point   「よって~の結論となりました。」

 

とにかく 最初に結論をいうのがポイントですが、この展開に乗っ取ってプレゼンテーションをすれば、

かなり論理的な受け方をすること間違いなしです。

是非 PREP法を意識した伝え方をしていきましょう。

  • オンラインの世界へ急加速する今、必要なスキルとは??
  • 出会いと別れと再会の季節
  • 経営者とサラリーマンの違い 10箇条
  • ちょっとでいいから、先の事を考えましょ
  • さあ3月です!!!!棚卸しに最適な1ヶ月にしましょう!
  • 1年間体を張ったら、究極の勝ち方が出来た模様
おすすめの記事
アファメーションを勧めたい
Business
とうとう平成30年度がスタートしました。 平成30年度は私自身も独立して、さらなる飛躍の年度とします。 そんな新年度一発目は、 アファメーシ...
データ分析で検証精度を高める
Business
仮説思考であたりをつけたものに対して 検証 が必要になります。 この検証を最も効率よく進めていくには、データ分析が欠かせません。 データ分析...
緊急企画、5月で打ち切ります。
News
私が現在発動している緊急企画について、 5月で打ち切りとしたいと思います。 おかげさまで、20代から60代まで様々な方とお会いし、 一緒に人...