メッセージを書くポイント

こんにちは。田口です。

-------------------------------
LINE@にも是非登録お願いします。

LINE@では、
・マンツーマンでのやりとり(他の方に投稿は公開されません)
・気楽にお得なTipsを限定配信しています。
https://line.me/R/ti/p/%40zne4067x

携帯からは
@kef1067d
で検索してください。
-------------------------------

昨日、緊急企画を発動しています。

こちらの企画では、田口が
ーーーーーーーーー
年収1,300万円の
いわゆる勝ち組サラリーマンを捨てて
自由になった理由とその具体的な行動
ーーーーーーーーー

を順を追って包み隠さずお伝えします。

 

資料作成力の中でのメッセージ作成のポイントを書いてきました。

メッセージは

・説明

・ファクト

・示唆

の3種類に別れると書きました。

 

これらを使い分ける時の要件をしっかり抑えておきましょう。

 

そうすことで

どんな時にどのメッセージを使えばいいかが明確になります。

 

ちょっと図に表してみました。

次の図を参照ください。

説明・ファクト・示唆を記述する上で、

 

「合目的性」・・・議論に関係している事

「斬新性」・・・当たり前のことでない事

 

を満たすのは最低条件となります。

 

ファクトのメッセージにはそこに「明確性」

 

示唆のメッセージにはそこに「方向性」

 

示せるようなメッセージにしなくてはいけません。

 

説明・ファクト・示唆の違いは理解できましたか??

 

メッセージはあとは内容をどう書くのか、、

そこは次回に触れていきます!

 

  • 年に1回の贅沢をしながら今年を振り返り来年の爆発を誓う
  • 【2日限定】2021年稼ぎ出すための、クリスマスプレゼント
  • どこでも仕事できると言う事
  • とりあえず、1ヶ月○○やってみませんか?
  • インターネットの可能性を改めて感じた話
  • ビジネスで稼ぎたければ、ノウハウを追わず、〇〇すること。
おすすめの記事
アファメーションを勧めたい
Business
とうとう平成30年度がスタートしました。 平成30年度は私自身も独立して、さらなる飛躍の年度とします。 そんな新年度一発目は、 アファメーシ...
生き残れるのは「強い」からではない
Mind Set
私は、大学で生物学を学んでいました。 生物って本当に面白いですよね。 ビジネスも生き物だなんて言われるけど本当にそう思います。 ダーウィンが...