メッセージを書くポイント

こんにちは。田口です。

-------------------------------
LINE@にも是非登録お願いします。

LINE@では、
・マンツーマンでのやりとり(他の方に投稿は公開されません)
・気楽にお得なTipsを限定配信しています。
https://line.me/R/ti/p/%40zne4067x

携帯からは
@kef1067d
で検索してください。
-------------------------------

昨日、緊急企画を発動しています。

こちらの企画では、田口が
ーーーーーーーーー
年収1,300万円の
いわゆる勝ち組サラリーマンを捨てて
自由になった理由とその具体的な行動
ーーーーーーーーー

を順を追って包み隠さずお伝えします。

 

資料作成力の中でのメッセージ作成のポイントを書いてきました。

メッセージは

・説明

・ファクト

・示唆

の3種類に別れると書きました。

 

これらを使い分ける時の要件をしっかり抑えておきましょう。

 

そうすことで

どんな時にどのメッセージを使えばいいかが明確になります。

 

ちょっと図に表してみました。

次の図を参照ください。

説明・ファクト・示唆を記述する上で、

 

「合目的性」・・・議論に関係している事

「斬新性」・・・当たり前のことでない事

 

を満たすのは最低条件となります。

 

ファクトのメッセージにはそこに「明確性」

 

示唆のメッセージにはそこに「方向性」

 

示せるようなメッセージにしなくてはいけません。

 

説明・ファクト・示唆の違いは理解できましたか??

 

メッセージはあとは内容をどう書くのか、、

そこは次回に触れていきます!

 

  • まずは月収10万円を副業で稼ぐための最高の「環境」
  • 環境 => 仕組み => ノウハウ
  • 目標設定しても達成できない方が「必ず」達成できる方法(限定5枠)
  • セルフブランディングができると、「個」で生きている人材へと育つ
  • セルフブランディングセッション募集(人数限定開催)
  • 成功を妨げる5つの壁
おすすめの記事
完璧より、やる方がいいに決まってる
Business
最近、新規事業の計画を立てています。 そこで感じるのは、 ああ、自分って 自分の中でイメージがある程度確立しないと 行動に移せないんだな〜と...
魅力のない市場で稼ぐのは難しい
Business
稼ぐことが困難な市場で頑張っても利益は上がらない。 これ、当然ですよね。 ですので、 どう戦うかの前に、 参入すべき業界・市場を慎重に選ぶこ...