メッセージは何を書くべきか?

こんにちは。田口です。

-------------------------------
LINE@にも是非登録お願いします。

LINE@では、
・マンツーマンでのやりとり(他の方に投稿は公開されません)
・気楽にお得なTipsを限定配信しています。
https://line.me/R/ti/p/%40zne4067x

携帯からは
@kef1067d
で検索してください。
-------------------------------

昨日、緊急企画を発動しています。

こちらの企画では、田口が
ーーーーーーーーー
年収1,300万円の
いわゆる勝ち組サラリーマンを捨てて
自由になった理由とその具体的な行動
ーーーーーーーーー

を順を追って包み隠さずお伝えします。

 

昨日の投稿に引き続き、

資料作成力の一環として、メッセージの書き方について掘り下げていきます。

 

資料に書くメッセージって、なんとなく選んでいる方がいると思いますが。

メッセージは主に3つのタイプに分ける事ができます。

 

それは

 

・説明

・ファクト

・示唆

 

という3種類です。

 

ここは事例を使って話をしましょう。

 

<説明>

「これは4月から7月の経費を示した図である」

と表されます。まさしく「説明」ですね。

<ファクト>

「5月から経費は100万を超えている」

このグラフから読み取れる「事実」に焦点を当てたメッセージになります。

<示唆>

「経費が4ヶ月連続増加しているので、経費削減策が必要である」

事実ではなく、事実に対しての対策や考察を踏まえたメッセージとなります。

 

 

いかがでしょうか?

同じグラフの説明でも、どう伝えるかで相手に与える印象は大きく変わってきます。

 

これらをどう使い分けていくのか、

次回に触れていきますね。

 

  • 副業を考える人の方向性の違い
  • オンラインの世界へ急加速する今、必要なスキルとは??
  • 出会いと別れと再会の季節
  • 経営者とサラリーマンの違い 10箇条
  • ちょっとでいいから、先の事を考えましょ
  • さあ3月です!!!!棚卸しに最適な1ヶ月にしましょう!
おすすめの記事
誰でもリーダーになれる
Business
リーダーシップ と聞くと、 「持って生まれた才能」 「リーダーはリーダーとして生まれる」 と、 自分には無関係だと思う方が多いかもしれません...
教えることが最高の学び
Business
相手と自分のスキルを上げる 一石二鳥なやり方は、 人に何かを教えるという アウトプット です。 教えると言う行為は 自分自身の予習や準備も大...
目標値の高さが基準を決める
Business
昨日は私のメンターの方と 動画撮影を敢行。 この動画は9月には公開できると思います。 さて、この対談で改めて感じたこと。 何事も 最初の目標...
ロジックツリーの作り方とポイント
Business
昨日の続きで、ロジカルシンキングの続編を書きます。 このシリーズの話は是非過去の投稿もご覧ください。 ロジカルシンキングにはMECEという基...